大地主・大家さん信託

(1)大地主・大家さん信託とは

大地主・大家さんが認知症等の悪化により、
不動産経営がストップしてしまうことを防ぐために、
ご子息等の後継者に権限を渡す方法です。

大地主・大家さんは賃貸不動産の所有権を
根拠に賃貸経営をしているため、
株式を通して間接的に関与している会社経営者よりも、
認知症の悪化などによる契約能力がなくなることの
悪影響を大きく受けます。

新規入居者との契約、既存入居者の更新、変更の契約。

建物のリフォーム、大規模修繕。

家賃滞納が生じた場合の、滞納家賃の請求、賃貸借契約を解除し退去させること。

大地主・大家さんが、
認知症の悪化などにより契約能力がなくなると、
これらの行為が出来なくなります。

ご子息が所有者である父親の実印を保管し、
代わりに契約書に記入しているケースも見かけますが、
法律上は無効です

契約の相手方とトラブルが生じたときに
不利になる可能性もあります。

このような問題を解決する方法が、
大地主・大家さん信託です。

(2)こんな方におすすめ

・高齢の親が賃貸不動産の所有権を持っている
・ご子息が、実質的には不動産経営を担っている。現場で動いている。
・高齢の親が認知症の診断を受けた。または、脳梗塞で倒れたことがある(再発の方が後遺症は重くなります)。
・認知症対策に加えて、相続対策も一緒にやっていきたい!

(3)メリット

・ご子息など、信頼している方に不動産経営を任せることができる。
・後見制度を利用しなくて良い。
・入ってくる賃料は、不動産経営に必要な支出に使うことができる。また、親の生活費・医療費・介護費用のために使うこともできます。
・他の方法と比べ、不動産の名義を変えるための税務コストが安くなる
・相続の時にも契約で定めた人に権利が承継され、相続トラブルを防ぐことにつながる(遺言効果)。

【イメージ図】

ご不明な点は、司法書士法人ソレイユまでお問い合わせください

SEARCH

認知症トラブル事件簿 親の介護が子どもの貯蓄を減らす結果に!!

求人募集
  • 民事信託はこんなに活用ができます
  • 安心して長生きする
  • 会社の継承をスムーズに
  • 大事な人を守りたい
  • 相続対策をしたい
  • 空き家対策実家売却
  • 自己信託
  • 経営者向け信託
  • 民事信託の窓民事信託とは
  • 相続・遺言・エピローグケア
  • 中小企業支援

家族信託・民事信託・実家de信託なら司法書士法人ソレイユ

Email / info@votre-soleil.com

本 店

東京都中央区日本橋2丁目1番14号 日本橋加藤ビルディング6階

ブログ

ブログ一覧