民事信託なら司法書士法人ソレイユ  東京丸の内

フォントサイズ変更
  • お気軽にお電話ください。0120-52-2323
  • お問い合わせフォーム
  • チェックシート資料請求フォーム

障がい者支援信託

この子のゆくさきが心配・・・

  • 親族に障がい者や、引きこもり等自立生活が困難な者がいる
  • 長期にわたって継続的に支援する必要がある
  • 私が死んだ後も、その遺産を支援が必要な子に給付しつづけたい・・・

望みを叶えるためには信託を使いましょう

福祉サポートが必要な子供の父親Aさん(65歳)の例

syougai1夫Aさん、妻Bさん(64歳)夫妻には、長男Cさん(30歳)と次男Dさん(17歳)がいます。

Dさんは重度の精神障がい者であり、自立生活が不可能な状態です。

Aさん夫妻はDさんを生涯支援するために蓄財をしており、自分たちの死後は財産を二人の息子に等分に相続させたいと考えています。

Aさん夫妻は、自分たちがDさんの世話をできなくなったあとは、長男CさんにDさんの後見人になってもらいたいのですが、長男Cさんが財産を適切にDさんの為だけに使ってくれるのかどうか心配です。

Aさんは、「CとDに等分に遺産を相続させること」を遺言に遺し、そのうえで、Dさんには後見人をつけることを勧められましたが、そのようなことをすると兄弟仲が疎遠になってしまいそうですし、Dさんに就いた後見人がきちんとDさんの身上監護を的確にしてくれるのかどうかわからないと知り、他に方法がないか悩んでいます。

syougai2

信託を利用するメリット

  • Cさんは受託者と言う立場になりますので、信託財産を分別管理する義務が生じます。(ほかには流用できなくなる)
  • Dさんの生活費等は一度にDさんに渡してしまうのではなく、信託契約に基づき、受託者から給付することになりますので、的確な管理が可能となります。
  • Dさんの成年後見人も多額の財産を管理する責任がなくなり、本来の後見業務に専念することができます。
  • Dさんが死亡した際、その受益権は兄である長男Cさんにスムーズに移動することとなり、Dさんの相続に関する混乱は生じないことになります。

₢킹tH[
  • 民事信託はこんなに活用ができます
  • 安心して長生きする
  • 会社の継承をスムーズに
  • 大事な人を守りたい
  • 相続対策をしたい
  • 空き家対策実家売却
  • 自己信託
  • 経営者向け信託
  • ペットを守りたい
  • 民事信託の窓民事信託とは
  • 民事信託必要度チェックシート
  • 相続・遺言・エピローグケア
  • 中小企業支援
Email / info@votre-soleil.com

本 店

東京都千代田区丸の内2丁目2番1号 岸本ビルヂング602号 ビジネスエアポート
電話 / 03-3214-2107
FAX / 03-6385-7518

千葉支店

千葉県市川市行徳駅前1丁目26番15号河幸第6ビル3階
電話 / 047-359-4474
FAX / 047-396-7711