相続対策

「相続」を「争続」にしないために

自分の遺産をスムーズに、自分の選んだあとつぎさんに受け渡したい、という考えは当然のものです。
しかしながら、民法上、遺留分制度というものがあったり、相続税制ゆえにスムーズに事が運ばないことが予想され、
頭を悩ませておられる方も多いのではないでしょうか。
家族信託で早めに対策をとれば、あとつぎさんの負担が減らせます。


自分ののぞんだ相続を実現するための2つの家族信託スキーム



  • b9c054b1d66c76f835130ce5aa8fe9fd_s

    家督継承信託

    先祖代々の財産を孫や曽孫の代まで直系血族のみに承継させたい。配偶者の血族の方には財産を分散させたくないけれども、遺言を使って相続人の指定をしても、一代限りの効力しかない、ということでお困りの方のための家族信託です
  • 7d857e7d00e7d2849fa075bc609c55b9_s

    遺言機能包含型信託

    遺言書の有効性を知ってから、遺言書を親に書いてほしいと考えているけれども、「死を連想するので縁起が悪い!」などと言って、遺言書を書くことに抵抗を示しており、困っている方に。「契約」という方法で、遺言と同様の効果を得られる家族信託があります。

₢킹tH[