遺言機能包含型信託

遺言は縁起が悪いので書きたくない・・・

  • □自分の遺産を特定の人に譲りたいけれども、遺言、というとどうしても「死」を連想してしまいます
  • □また、親に、遺言を書くことを勧めたいけれども、縁起でもないと一蹴されてしまいそう、というお悩みをお持ちの方・・・

「遺言」ではなくて、「信託」は如何でしょうか?

賃貸経営をしているAさん(75歳)とその長男Bさん(45歳)の例

yuigonkinou1Aさん(75歳)は、収益マンションの経営をしていますが、体力の限界を感じ始め、近くに住む長男Bさんに自分の不動産の管理を委ねたいという意向をもっています。
そのことを長男Bさんに相談したAさんは、Bさんより「弟C(Aさんにとっては次男)と将来もめ事になるのはいやだから、収益マンションはBに相続させる」という内容の遺言を書いてくれ」と要求されました。
ですが、Aさんは「遺言なんて、縁起でもない」と話は平行線です。

yuigonkinou2

遺言よりも信託を利用するメリット

  • Aさんが亡くなったあとの対策、ではなくて「認知症対策」を主目的にし、信託契約をすることで「縁起が悪いから遺言書は書きたくない」とかたくなになっているAさんの気持ちも軟化するものと思われます。
  • Aさんが遺言をせず、何の対策も講じないままの場合、Aさんが認知症になれば法定後見を申し立てて後見人をつけて、Aさんが死亡すればBさんとCさんが遺産分割協議をするしかありませんが、収益マンションを信託財産とすることで、Aさんの状況に関係なく受託者の手によって財産が管理され、受益者に収益が行きます。(収益マンション以外の財産は、遺産分割協議の対象となります)

遺言より次のようなメリットがあります

遺言の場合、Aさんの死亡後、遺言執行費用は、相続財産から払うのではなく相続人の負担となります。(相続税控除の対象にはなりません。)
ところが、Aさんが元気なうちに信託契約を締結すると、その費用はAさん自身が負担することとなり、結果的に将来の相続財産から支出することになりますので、事実上の経費化が可能となります。

₢킹tH[