信託の特徴

信託の特徴

スライド1

信託をすることで、財産の名義上の所有者は受託者となり、財産に対する実質的な権利者は受益者となります。
売買契約や贈与契約では、名義も権利も全部移転します。
賃貸借契約や代理契約では、名義は移転せずに、権利の一部が移転します。
信託では、名義は受託者に、権利は受益者に移転します。
これが信託の大きな特徴の一つなのです。

₢킹tH[