合同会社設立

合同会社とは

合同会社とは、有限責任社員のみで構成される持分会社で、日本版LLC(Limited Liability Campany)とも呼ばれています。
合同会社の特徴は、事業体が法人格を持ち、社員(出資者)が有限責任しか負わないという出資金に基づく物的結合体である「会社」と、内部自治(定款自治)による社員間の人的結合体である「組合」の双方の利点を兼ね備えた「ハイブリッド企業」と呼ばれていることです。
社員は有限責任でリスクを限定しつつ、法人格と定款自治の恩恵に預かりながら事業を展開することが可能となるのです。

手続の流れ

①定款の作成 ※商号には、「合同会社」を入れる必要があります。
②公証人の認証は不要です。
③必要があれば代表社員を選任します。(定めない場合は業務執行社員全員が代表社員となります。)
④社員全員が金融機関に出資金を払い込みます。
⑤法務局へ登記の申請
⑥登記が終了して、登記事項証明書(会社の謄本)、印鑑証明書、印鑑カードのお渡し

ご用意頂く必要書類

1.社員の印鑑証明書を各1通づつ
2.社員の個人の実印 (書類に捺印していただきます。)
3.会社の実印
4.払込をした通帳のコピー (表紙と裏表紙、払込をした方のお名前、金額のわかるページ)

ご不明な点は、司法書士法人ソレイユまでお問い合わせください