日本FP協会東京支部主催のセミナーに代表の杉谷が登壇しました!

令和4年9月18日(日)日本FP協会東京支部主催のセミナー

「100年企業のための家族信託」(日経ホールにて開催)

にて代表の杉谷が登壇しました!

このまま進むと2025年(令和7年)には、中小企業の経営者のピークが76歳、後期高齢者となって、高齢による廃業が増えてしまう。

「経営が黒字で行われており、将来性もある、
そのような魅力的な企業が経営者の高齢化を理由に廃業となることはもったいない。
何とかお役にたてるよう貢献させて頂くことが私のライフワークです」

というスピーチから始まり、家族の平和と会社の継続繫栄のためには何が準備できるのかについて、
家族信託の具体例を交えつつ分かりやすくお伝え致しました。

そして、講演の半ばでは、「認知症防止体操」を会場の参加者と共に行い、
頭がスッキリしたところで、後半へ突入。集中力がキープできたとの感想を頂きました。

日本FP協会東京支部の皆様、開催いただきありがとうございました。


ご不明な点は、
司法書士法人ソレイユまで
お問い合わせください