金銭を信託する場合!家族信託に向いている銀行口座とは!

こんにちは!
司法書士の友田純平です!

今回は、お客さんからの質問があった内容を
テーマにお届けします!

「家族信託をした金銭について、おススメの口座はありますか!」


家族信託では、親御さんの金銭を
子供名義の口座に送金する必要があります。


数百万円から、5000万円、場合によっては1億円ということも
あるため、保管用の口座は気になるところです。

家族信託に向いている銀行口座について

(1)信託金銭は、受託者の個人の生活口座とは分けて管理する
(2)信託契約を結んでも親名義の口座のお金は下ろせない
(3)信託金銭の管理は、決済用口座がおススメ



(1)信託金銭は、受託者の個人の生活口座とは分けて管理する


信託法には分別管理義務があります。


これは、信託された金銭について、
受託者(子どもなど)の生活用口座とは
区別して管理しなければいけない義務です。

万が一、子どもの生活用口座と一緒に管理をしてしまうと
親から信託されたお金と、子ども自身のお金との
区別がつかなくなってしまいます。

すると、子どもが信託された親のお金を使い込むことに
つながってしまうためです。

そのため、親から信託されたお金を管理するためには
子ども名義の銀行口座を用意しておく必要があります!


(2)信託契約を結んでも親名義の口座のお金は下ろせない


「家族信託をしていれば、
親のお金を子供が使うことができる」という
家族信託の特徴が誤って理解されているところです。

家族信託をしても
『親名義の口座のお金を動かすことはできません』。


正しくは、

家族信託をすることにより、
子供名義の口座に、親のお金を移動することができます。


そして、子ども側は親の認知症が悪化したとしても
その影響を受けずに、子ども名義の口座に移した
親のお金を使っていくことができるのです。

そして、子ども側としても、
親の大金を預かる口座なので、
保管口座をどうするかは気になる点になります!

(3)信託金銭の管理は、決済用口座がおススメ


決済用口座とは

(1)無利息、(2)要求払い(随時払い戻しができること)、
(3)決済サービス(口座振替等)が提供可能なこと、
という3要件を満たす預金のことをいいます。
(みずほ銀行のHPより引用)

特徴としては、もしも銀行がつぶれたとしても
預けた全額が保護される口座になっています。
(ペイオフのような1000万円上限がありません)


そのため、親から信託されたお金が
1000万円を超える場合も安心です。

実際に、ソレイユでサポートしているお客様にも
決済用口座をおススメしています!


今日もご覧いただきありがとうございました。

今日のまとめ(再掲)
(1)信託金銭は、受託者の個人の生活口座とは分けて管理する
(2)信託契約を結んでも親名義の口座のお金は下ろせない
(3)信託金銭の管理は、決済用口座がおススメ

司法書士法人ソレイユへのお問い合わせは

 

こちら


オンラインでご面談をご希望の方は

 

こちら



ご不明な点は、
司法書士法人ソレイユまで
お問い合わせください

SEARCH

認知症トラブル事件簿 親の介護が子どもの貯蓄を減らす結果に!!

求人募集
  • 民事信託はこんなに活用ができます
  • 安心して長生きする
  • 会社の継承をスムーズに
  • 大事な人を守りたい
  • 相続対策をしたい
  • 空き家対策実家売却
  • 自己信託
  • 経営者向け信託
  • 民事信託の窓民事信託とは
  • 相続・遺言・エピローグケア
  • 中小企業支援

家族信託・民事信託・実家de信託なら司法書士法人ソレイユ

Email / info@votre-soleil.com

本 店

東京都中央区日本橋2丁目1番14号 日本橋加藤ビルディング6階

ブログ

ブログ一覧